新たな目標設定やチャレンジを!

新しい年、新しいスタート、新しい第一歩。新たな節目には、新たな目標設定をしていきましょう。

 


【新たなこと、新たなチャレンジ】

 


学生時代には、4月に学年が上がると、新たな学年に何故だかワクワク感が凄くて、何か今までと違う楽しい体験が出来そうな、大きな期待感がありました。新しい学年、新しいクラスメート、恋の予感や、何やら、新しいことを始めたくなるのも、こうした良い節目の時ですよね。

 


社会人になると学年時代の頃のようなワクワク感が薄らいでしまう傾向にありますが、ダイエット継続中は、節目節目を「意識」して、新たな目標、或いはチャレンジしていきたいことなどを決めていきたいですね。

 


ダイエット停滞期に突入された方や、ダイエット中のネガティブ感情に襲われてしまいそう、挫折しそうな方には、とくに、新しくチャレンジしたいことを決めていただき、とりあえず行動に移してみることが大切ですね。

 


行動するということは、何かが変わるということだと考えます。何もしなければ何も起こりません。行動することで、大なり小なり変化を起こすことが可能です。

 


ダイエット継続中の場合、新しいことを始める、チャレンジする、たとえばジム通いを始める、毎日の食事日記をつけてみる、着てみたかったファッションを試してみるなど、考えていくと、いろいろと思い付きますね。

 


チャレンジしたり、行動したりするということは、体も動きますが、思考も動きますし、意識も動きます。これは『美意識ダイエット』に必要なことなのです。

 


あとは、ダイエットとしての数値的な新たな目標、体脂肪率や体重管理についても、今までの振り返りとや見直しともに、さらに目標設定をレベルアップしてみたり、期間ごとの目標値を設定したりすることで、自分自身の行動が変わるということもありますよ。

 


何も思い付かない、という方は、ダイエット本を読むことをお薦めします。ダイエットについての本や、栄養学やエクササイズや運動についての本、勉強を兼ねて、理論としてインプットしていくことです。

 


ダイエットは運動やエクササイズや食事など、実施がメインなので、本を読んで学ぶという理論的な面も取り入れていくことも新しいチャレンジ、新しい行動ですね。このように、何かの節目やキッカケに、新たな目標設定をし、新しいことを始めてみることによって、マンネリ化に流されることなく、いちばん良からぬ惰性を招く予防にもなり、いつも新鮮な「意識」を保つことが可能になると思いますよ。

 

【実は、私自身も・・・】

 


私自身もダイエットの経験者ですので、食べることが好きで、どうしても食べてしまうダイエットが難しいタイプではありましたが、運動にチャレンジしようということでフィットネスクラブに入会し、エアロビクスにハマり、食べることを我慢することなくダイエットに成果を出せました。

 


食べることが好きな私の場合、運動という、新しいチャレンジがあって、今までの習慣や考え方も変わり、フィットネスクラブに入会という行動があり、フィットネスクラブという新しい環境と新しい仲間たちが出来、自分自身が動いたことで、さらに、新たな目標設定も生まれてきました。

 


私自身がインストラクターになろう!と決意させたのは、ダイエットを目標として、新しいチャレンジと行動と目標設定を経て、楽しく運動することで、ダイエットに成果を出していくことや、より健康的に、よりきれいなれる可能性を沢山の方に体感していただけたらということで、インストラクターを目指しました。これも新しいチャレンジのひとつになりました。

 


ダイエットが目的の新しい目標設定やチャレンジが、さらなる新たな自分自身となることもありますから、新しい節目には新たな期待をもって、目標設定やチャレンジを!新たな何かが生まれるキッカケになるかもしれませんよ。