スクワットと腰割り、どちらもダイエットに!

【腰割りという名の筋トレ】


腰割りというと、お相撲さんの四股を踏むイメージがありますね。


スクワットとは、また異なる動作になりますが、下肢筋肉を効率よく鍛えることが可能なトレーニングのひとつです。


スクワット同様、大腿部(太モモ全体)と臀部の筋肉をしっかり使われる動作になりますので、ダイエットとして、下肢の筋肉を鍛えて、カロリー消費のための代謝向上が期待できますよ。


下肢の筋肉は、身体のカロリー消費の、およそ7割を担うと言われていますので、スクワットと同様、ダイエットに期待のできる自重トレーニングといえますね。


そう言えば、いつも四股を踏んでいるお相撲さん、体の全体から見ますと、足腰は引き締まっていて、脂肪はあっても見た目がかっこいいですね。お尻もキュッと上がっています。


ヒップアップしていると、足腰のラインの見た目が全然違う印象になりますし、ダイエットは、足腰の筋肉を鍛えて基礎代謝を向上させるだけではなく、見た目、とても大切です。


腰割りの動作は、両足股関節から左右に大きく開いて、股関節と膝が同じ高さになるくらい、腰を落とした体勢ですので、見ているだけでキツそうですし、事実、スクワットより筋肉の使われ方が増えます。


臀部の筋肉が、かなり使われるトレーニングになります。その分、少ない回数でも筋肉の仕事量も期待できますよ。


【腰割りトレーニングの方法】


では、腰割りトレーニングを行いましょう。

正しいトレーニング方法のポイントは、上体真っ直ぐを保つのと、腰を落とした時に、お尻が後方に突き出ないようにします。


1.両足を幅広目に(肩幅より広めです)開いて立ちます。


2.この時、爪先は外側に向けます。この時、爪先を無理に外側に向けず、向けられる範囲で外側にしましょう。


3.上体は真っ直ぐです。ウォーキングの時のように重心が引き上げられるようにしましょう。


4.上体を引き上げながら、体幹部にも意識を持ちながら、ゆっくり腰を落としていきます。


5.股関節から曲げる意識で膝と腰を同じ高さに落としていきましょう。この場合も、けっして無理をせず、体が慣れるまでは出来るところまでです。


6.腰を落としたところで、上体も真っ直ぐに保ったまま、3秒間キープしましょう。(慣れてきたら5秒間)


7.お尻をキューッと寄せるようにしながら、ゆっくり元に戻ります。この時、お尻全体と大腿部内側まで刺激を体感できますよ。


8.動作はゆっくり行いましょう。


股関節の柔軟性を要しますので、はじめのうちは、けっして無理をしないこと。

回数も慣れるまでは5回程度、慣れてきたら10回目安にトレーニングしていきましょう。


スクワットと同様、筋トレですので、3日行い1日休む頻度でトレーニングしてください、筋トレは、筋肉を休ませることもトレーニングのうちと考えます。


頑張って毎日毎日続けてしまうと、筋肉の疲労が重なり、せっかくのトレーニングによるメリットが得られなくなる恐れがあります。


ダイエットとしての筋トレですので、スポーツ選手を目指すのではありませんから、頑張りすぎは禁物ですね。


スクワットもそうですが、自宅で場所をとらずに出来ますので、ぜひ、実行していきましょう。


【腰割りとスクワット、どちらが良い?】


どちらも、下肢の筋肉を鍛えることができますし、カロリー消費の大きい下肢の筋肉を充実していくことで、基礎代謝を高めることが期待できます。基礎代謝を高めることが、健康的に痩せやすい体質が期待できるというわけです。


スクワットも、腰割りも、どちらでも甲乙付けがたい選択肢ですが、腰割りは、スクワットより臀部全体が鍛えられますので、よりヒップアップを目指したい場合は、チャレンジされると良いですね。


美しいヒップアップや、引き締まった大腿部をイメージしながら行いましょう。