スクワットで痩せ体質をめざす

【ダイエットでは推奨の運動】


スクワットは一般的な運動ですが、場所も取らず自宅でも気軽に続けられる運動のひとつですね。


足腰の筋肉が鍛えられるのは勿論ですが、筋肉の意識が上手になっていくと、腹部や背中、体幹部にも意識が届くようになりますので、とても充実した自重トレーニングといえましょう。


女性のお悩みに多い、下半身ポッチャリ型や、ヒップアップにも効果が期待できるトレーニングなので、ぜひ、運動メニューにプラスしてくださいね。


加齢に伴う足腰からの筋力の衰えを防ぎ、筋力回復や筋力維持など、アンチエイジングとしての目的にも効果を期待できるスクワットは、ダイエットを超えて、誰でも実行していただきたいトレーニングですね。


【スクワットを実行しましょう】


スクワットは正しく行うと、たくさんのメリットを得られる自重トレーニングです。


スクワットは主に大腿部(太モモ)と臀部(ヒップ)が鍛えられますので、引き締まった太モモやヒップアップされたカッコ良い足腰が期待大ですし、さらに、腹部や背中も引き締めることも期待できますよ。


大腿部(太モモ)は大きな筋肉なので、体の中で、運動によるカロリー消費が最も高い筋肉といわれています。


下肢の筋肉は体中のおよそ70%とあるといわれ、下半身の筋肉を鍛えることは、適度な筋肉をつけて、基礎代謝を高めることが、痩せやすい体質に改善されていくことが考えられます。


基礎代謝は、運動していなくても、安静時であっても生命維持のために呼吸をしたり、内臓が機能してもカロリーは消費されているので、代謝を高めることは、すなわち、ダイエット面でも健康面でも、嬉しい効果が期待できるということですね。


【スクワット正しい方法】


ダイエットに嬉しい効果を期待できるスクワット、また、スクワットによって足腰のラインが整いますと、ヒップの大きい小さいに関わらず、美しい形、カッコいい形、見た目に反映されていきます。ヒップが小さくても、痩せていても、ヒップが垂れていたり、扁平だったりすると、見た目は魅力もカッコ良さも感じられませんね。


正しいスクワットの方法で、代謝を高めて痩せやすい体質をめざしましょう。そして、見た目の美しさ、カッコ良さをめざしましょう。


まずは、基本的なスクワット、椅子に腰かけるように腰を下げて、上げて、これで1回の運動です。


1.両足は肩幅位に開いて、爪先は真っ直ぐ前方、または、やや外側にして立ちます。


2.息を吐きながら、椅子に腰かけるように、腰をゆっくり落としていきます。この時、両腕は胸の前でクロスしておくか、前方に伸ばします。


3.腰かけるように後方へ腰を落とした時に、膝が爪先より前に出ないよう注意しましょう。


4.腰を落としたときに太モモが床に対して平行か、平行に近いのが理想的ですが、無理のないよう、慣れるまでは出来るところで大丈夫です。


5.ヒップと太モモを意識しながら、さらに、上体は斜め上に重心が引き上げられているイメージで、1、2、3、4で、ゆっくりヒップを後方へ、腰かけるようにです。


6.いったん息を吸い再び吐きながら、ヒップを意識しながら、5、6、7、8でゆっくり戻りましょう、戻ったときは膝を伸ばしきらず、ヒップは意識したまま軽く緩めておきましょう。


7.腰かけるように、そして元に戻るで1回を、最初は無理のない回数で5セットからスタートし、徐々にセット数を上げていき、1日に50回~60回のスクワットを実行が理想的ですね。
一度にではなく、1日に何度かに分けてでも良いですよ、例えば朝に15回、午後に20回、夜15回などです。


スクワットは筋肉トレーニングですので、毎日ではなく、3日続けて1日休むというように実行していきます。


筋トレは必ず休みを入れることで、筋肉がより充実し、回復していくからです。最初は無理のない回数からチャレンジしていきましょう。


美しく引き締まったカッコ良い足腰をイメージしながら。