カルニチンは脂肪燃焼をサポートする

【カルニチンとは何ですか?】


カルニチン、聞いたことがあるような無いような、そうですね、一般的には、ご存知の方は少ないですね。アスリートや、ジム通いの長い人は「カルニチン?あぁ、知ってるよ」サプリメントとしても、お馴染みのひとつになっています。


カルニチンと言いましても、幾つか種類がありまして、ダイエットに関係のあるカルニチンは「L-カルニチン」というものになります。その他のカルニチンは医薬品の成分であるものがあります。同じカルニチンでも身体への働き、作用が異なります。


L-カルニチンは、ダイエッターには嬉しい脂肪燃焼をサポートしてもらえる成分で、アミノ酸の一種です。


アミノ酸は筋肉など、体をつくるためであったり、皮膚に作用して肌を整えたり、疲労回復など身体への様々なサポートとして働きかけてもらえますが、L-カルニチンは、運動時には脂肪をエネルギーとして使えるように働きかけてもらえます。


【脂肪をエネルギーに変えるには?】


しつこい体脂肪を何とか分解したいですね。


そのためには、何らかの方法によって、脂肪細胞から脂肪を取り出して、脂肪酸として遊離させたいです。皮下脂肪など、そのままでは燃焼できないからです。


遊離した脂肪酸が細胞内のミトコンドリアに取り込まれて、ここでエネルギーとして変換されるようになるのです。


いわゆる脂肪をエネルギーとして生成していくファクトリー的なところですね。ところが脂肪酸は、すんなりとミトコンドリアに入れるわけではありません。


脂肪酸がミトコンドリアに入るためには一度、違う形でミトコンドリアに入れるようにならなければなりません。この時に働きかけてもらえるのがL-カルニチンなのです。


脂肪酸がミトコンドリアに入るために違う形になり、形を変えた脂肪酸がL-カルニチンとスクラムを組むことで、晴れてミトコンドリアに入ることが出来るようになるのです。


細胞内のミトコンドリアでは、入ることができた脂肪酸が、エネルギー産生のサイクルに取り込まれ、エネルギーとして使われていくという流れになります。


【どのように摂取するの?】


L-カルニチンはアミノ酸の一種ですが、ヒツジの赤身肉や牛の赤身肉に豊富に含まれています。


牛の赤身肉には豚肉のおよそ5倍近いL-カルニチンが含まれ、ヒツジの赤身肉には、牛の赤身肉のおよそ10倍近いL-カルニチンが含まれているそうです。いずれも赤身肉の場合です。

ということは、ヒツジや牛の赤身肉を沢山いただけば良いのでは?と思いがちですが、食事のバランスというものもあり、経済的にも、ヒツジや牛の赤身肉は毎日いただくわけにいきませんね。


私自身、以前、食事会で、牛の赤身肉を沢山いただいた翌日に、なんとなく体が軽く感じたり、体のスッキリ感があったり、L-カルニチンのため?と思うことがありました。


【サプリメントを利用してみる】


脂肪をエネルギーに変えてもらえる嬉しいL-カルニチン、アミノ酸の一種として、運動の30~40分ほど前に摂取するのが良いかと思います、もちろん赤身肉というわけにはいきませんので、サプリメントを利用しています。


サプリメントとして、L-カルニチンに、αリポ酸とコエンザイムQ10をプラスして、より効率的にエネルギー変換にサポートが期待できる内容のサプリメントもありますね。


サプリメントは薬品ではありませんが、1日の目安量を守ることと、多目に摂取したからといって効果が増長することではないので、必ず飲み方の注意書に目を通しましょう。


様々な資料によりますと、L-カルニチンの1日の摂取量は1000mgまでとされています。運動しない日などは200mg~500mg程度と言われています。


あくまでもサプリメント、バランス良い食事があってのサプリメントですね。