どうしても、バストから痩せてしまう悩み

【女性ダイエッターが経験するお悩み】


バストは豊かに。

ウエストは細く。

キュンと上がったヒップ。

ひきしまった脚のライン。

女性の誰もが思う理想の体型ですね。


しかし、現実はなかなか厳しい状況で、何が厳しいのかといえば、日々、たゆまぬ努力を重ねて、食事も気をつけて、生活習慣も適度な運動も、さらに美意識も。それなのに、なかなか理想の体型に現実化していけない。


体重も体脂肪率も減ってはきたものの、ダイエットや運動をしていると、どうしてもバストから痩せていってしまう。


女性にとって1cmだって減らしたくないバスト。もともと大きくない人ほど、バストから痩せてしまうと感じている人が多いですね。


私自身もそうでした。


私もインストラクターになる前は、体型を何とかしたくてダイエットを始めて、ただ専門的な知識もないままダイエットをしていて、運動もしていて、けっして豊かとは言えないバストから痩せてしまい愕然とした経験をしています。


ダイエットを続けている周りの友人たちも、「なんか、バストから痩せちゃうよね、悲しい」と語る友人たちの声。私だけじやないんだって思いました。


これは、インストラクターとして、エクササイズを指導するようになってからも、多くの女性から聞くお悩みです。


羨ましいほどの豊かなバストの持ち主さんは、ダイエットをしていても、バストから痩せたというのは、それほど感じていないご様子なのですが、(もともとが量感があるので、バストが小さくなった感がないのかもしれません。)


それにしても、何故、減らしたくないバストから痩せやすいのでしょうか。何とか防ぐ方法はないのでしょうか。


結論から言いますと、運動などで脂肪が燃焼していくと、体の全体が脂肪燃焼されていきます、いちばん痩せてほしい腹部やヒップなど、部分的なところだけ体脂肪が燃えるわけではないのです。


お腹やヒップの脂肪が燃えると、バストの脂肪も燃えるのです。


バストだけ脂肪燃焼を止めることは、残念ながら不可能なのですね。


ダイエットや運動によって、体脂肪が減少していくと、脂肪組織のあるバストも脂肪燃焼していきますから、バストが痩せたと落胆してしまうのです。


バストは足腰に比べて、脂肪も柔らかいですし、毛細血管も多いといわれています。尚且つ、心臓に近いので、心臓から遠い足腰より、バストの循環も早いのではないでしょうか。


体の生理的な状況は変えることはできませんが、どうしてもバストから痩せやすいという身体的な事情を受け入れていくことも必要だと思います。


脂肪燃焼はバストだけでなく、いちばん痩せたい腹部やヒップの脂肪も減少しているのですから、体の全体が脂肪燃焼しているのだと、意識をしてあげましょう。


ダイエットや運動でバストの減少は仕方のないことですが、それは割りきって考えていきながら、バストアップを目的としたエクササイズを行うことで、バストを形良く支える大胸筋が鍛えられます。


姿勢も引き上がり、バストの大きさではなく、かっこよさを演出していくことが可能になります。


私の考える『美意識ダイエット』は、バストについて言えば、豊かでグラマラスな量感感ではなく、全体のバランスと美的な印象を大切にしています。


バストが小さくても美しい体型、かっこいい体型、魅力ある印象。これはバストに限ったことではなく、以前にお話ししたかもしれませんが、体重100Kgの人が、ダイエットや運動で70Kとなり、マイナス30Kgの成果を出すことが出来、これは凄い成果ですよね。


一般的には体重70Kgは、スレンダーではないですが、この人にとっては100Kgの時には着られなかったファッションを楽しむことが出来るようになったり、体を動かすことが以前より楽になり活動的になったり、気持ち面でも、ポジティブになったり結果として魅力が向上しているのです。


ですから、バストが痩せてしまったと落胆するのではなく、お腹やヒップも痩せてきているのだと意識を向けてあげましょう。


バストが小さくなったとしてもエクササイズや、あとはバストアップを目的としたブラジャーなどでバストを作っていくなどの対策もありますから、ネットなどで調べて、きれいになるための情報もどんどん取り入れていきましょう。