同じ体重&身長なのに、見た目が違う

【見た目の印象がいちばん!】


同じ体重、同じ身長で、見た目の印象が違う!あなたの周りにも同じような人がいらっしゃるのでは?


このような人たち、いったい何故でしょう?

同じ体重、身長でこの違いは何でしょう?

体重の数値より、やっぱり見た目!ですよね?

簡単に言いますと、脂肪が多いか少ないか。


すなわち、筋肉が多いか少ないか、脂肪と筋肉の割合の違いなのですね。筋肉は脂肪より重いのです。


すなわち比重の関係で、同じ大きさ、体積の筋肉と脂肪とでは筋肉のほうが重量があるため、脂肪が少なくスレンダーな見た目なのに体重はあるというわけですね。


そこで、健康的なダイエットの基本というのは、筋肉を充実させ、脂肪は燃焼させること。


すなわち、体重計の数値を減らすことよりも、重要なのは体脂肪を減らすことなのです。


筋肉は代謝という大切な役割を担うもの、脂肪を燃焼していくためには必要な組織ですから、筋肉量はけっして落とさないことです。

「エー!でも、筋肉質はイヤだわ」

そのように思う女性は多いかもしれませんが、ご安心ください、アスリートのような筋肉っていうわけではないのです。


食べないダイエットや、無理な過度な運動などにより、大切な筋肉量が損なわれると確かに体重は減りますが・・・。


筋肉は脂肪に比べて比重がありますし、体組成(体型)は筋肉が関連しているのです。


なので、筋肉が落ちると、見た目は確かに細くなる傾向にありますが、健康的ではありませんよね。


筋肉が落ちての体重減少の場合、細くはなったけれど何となく体型に張りがなくやつれた印象、顔も頬がこけて元気のない印象・・・・。

そういうのはイヤでしょう?


運動も食事も間違った方法や無理があると大切な筋肉を落としてしまうので逆効果、体調不良やケガや、リバウンドの要因にもなりかねません。


適度な運動習慣、規則正しい生活習慣、バランス良い三度の食事、基本的な習慣は、特別なことではないけれど、こうした当たり前のことが実は大切なのですよ。


でも、基本的な生活習慣をきちんと実行し継続していても、ダイエットの成果は、なかなか思うように進まないですよね。


そこで、体脂肪はどのようにして生成されてしまうのか、また、体脂肪はどのようにして燃焼していくのか・・・。


こうしたメカニズムを知ることにより、生活面での意識もかなり変わりますし、取り組み方もレベルアップしていきますので正しいダイエット理論を、私のブログで少しずつ学んで下さいね。持ちを向けるのは体重の数値より体脂肪!


体重計は目安としての器具、体脂肪率を測定可能な体重計が望ましいですね。


同じ体重であっても筋肉量の多い人と体脂肪の多い人は、同じ体重であっても見た目が違います。筋肉、大切ですね。


体重より見た目!健康的なひきしまった体!健康的なダイエットで体調や肌や精神面でも、様々なメリットを実感していきましょう!


ところで筋肉と脂肪の比重って?


かんたんに説明しますと、筋肉質の人は水に浮きにくい、体脂肪の多い人は浮きやすい。


そこで、水を基準1とし、同じ大きさの物体が水に浮けば1より少ない数値で比重が軽い、沈めば1より多い数値で比重が重い。


筋肉はおよそ1.1、脂肪は0.9、数値では大差はありませんが、大きさとして考えると、おなじ2Kgの筋肉と脂肪では、脂肪のほうがおよそ2倍の大きさになります。


人間の体型で考えると、同じ体重でありながら筋肉の割合が多い人は、ひきしまった体型、体脂肪の多い人はポッテリした体型、見た目の印象、あなたはどちらがいいですか?


【同じ体重でスレンダーに見せる】

エクササイズやトレーニングにより、適度な筋肉をつけて、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動により脂肪を燃やし、体脂肪率を下げると、体の筋肉量が増えるので、体重は増える傾向になります。

でも、見た目は印象が違ってきます。


体重よりも見た目!まずはウォーキングと、スクワットや腹筋運動、腕立て伏せなどから始めてみませんか。