「BCAA」ダイエットと運動サポート

前回の『アミノ酸はダイエットに効果的?』の続編になりますが、ぜひ、ご参考になさって下さいね。


【アミノ酸とは?】


私たちの体に必要不可欠なアミノ酸。

体内ではつくることが出来ない必須アミノ酸は、日常の食事で、たんぱく質をとることで、体の組成や様々な機能に必要な働きをしている必須アミノ酸をとることができます。


そして、この必須アミノ酸の中で、アスリートやフィットネスフリークの間では「BCAA」といわれる必須アミノ酸が注目されます。


「BCAA」分岐鎖アミノ酸(BranchedChainAminoAcids)の略。

必須アミノ酸の中の3つのアミノ酸「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」です。


健康的なダイエットは、適度な運動による脂肪燃焼と筋肉を充実させていくことが基本の1つになりますが、筋肉づくりや維持に、関わりのある働きかけをするのが「BCAA」なのです。


体脂肪を減らしていくためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動と、適度なレジスタンストレーニング(筋トレ)との組み合わせが効果的ですよ。


運動を習慣にしていくことで、代謝力に必要な筋肉を充実していくことができます。


ダイエットを目的としている運動は、アスリートのようなストイックなトレーニングレベルは必要ありませんが、軽い運動であっても筋肉疲労は起こります。


運動後の筋肉疲労を取り除き、筋肉の質を向上させていくには、たんぱく質やビタミン類やミネラルが必要ですので、栄養のバランス良い食事が大切になりますが、筋肉に働きかけるのがアミノ酸、とくに関わりがあるのが「BCAA」なのですね。


「BCAA」といわれる「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」3つの必須アミノ酸は、それぞれどのような働きをするのでしょうか。


「バリン」は筋肉をつくり強化していくために、体に必要なタンパク質をコントロールする働きや疲労回復、また窒素バランスを調整するといわれています。
筋肉づくりに必要な必須アミノ酸ですね。


「イソロイシン」も「バリン」と同様、筋肉づくりに必要で疲労回復や筋肉形成など成長にも働きかける必須アミノ酸です。


「ロイシン」は筋肉組織の減少を抑えたり、筋肉を維持していく働きをするといわれています。


「BCAA」といわれる3つの必須アミノ酸「バリン」「イソロイシン」「ロイシン」は、3つがセットで筋肉づくりに働きかけていくといえますね。


【アミノ酸を利用してみましょう】


必須アミノ酸は、筋肉だけではなく、体の様々な生理的機能や体づくりに必要とされますが、では、ダイエットとの関わりは?


前にお伝えしましたが、健康的なダイエットの基本というのは、体脂肪を減らし、筋肉をつけていくことでしたね。


筋肉をつけるといっても、アスリートのような筋肉までのレベルではなく、ダイエットに必要な代謝を高めるための筋肉を充実させていきます。


そのためには、適度な有酸素運動と筋トレの組み合わせが必要なのですが、効率よく運動していくための体内環境を整えていくことが望ましいですよね。


運動後の筋肉の疲労を回復したり、運動後の筋肉を修復したり、ダイエットを目的として運動を継続していくためにも筋肉を常に良い状態に保っていきましょう。


運動する習慣のなかった人は、ダイエットの目的で運動を始めても、運動に慣れていないため、すぐに疲労感をおぼえたりして継続が出来ないというケースが多い傾向にあります。


運動に慣れていただくためにも、少しずつ運動する時間をのばしていきましょう。どうしても1人では・・・意志が弱くなりがちという人は、お金はかかりますが、フィットネスクラブで周りに仲間がいる環境で運動するのも良いですね。


ダイエットには運動により脂肪燃焼効果を効率よくしていくのと、筋肉を充実して代謝を高めていくこと。そのためにも、3つの必須アミノ酸「BCAA」を採り入れていきたいですね。


「BCAA」はドラッグストアやスポーツショップなどのサプリメントのコーナーで販売されています。顆粒状やタブレットなどがありますが、顆粒状が吸収もしやすく、たっぷりの水で飲むのが良いですよ。


ダイエット目的のためには1日2000mg~2500mg位、運動前30分位前に採るのが良いと言われています。


ダイエットには運動も必要です。ぜひ活用してみましょう。