乳酸菌がダイエットにも期待できる?

ここ近年、乳酸菌が美容や健康にメディアでも話題になることが多くなりましたね。


そして、この乳酸菌がダイエットに、基礎代謝量を高めたり、脂肪燃焼にも関わりがあるということが報告されています。


いろいろなメディアで、乳酸菌はダイエット効果を期待できると話題になることが多くなってきました。


【乳酸菌の働きは?】

もともと乳酸菌の働きといえば、腸の中の善玉菌を増やしてお腹をきれいにしていく整腸作用がよく知られていますね。そして、乳酸菌には体に嬉しい働きが他にも報告されていますよ。


いろいろな資料を見てみると、腸内での抗菌作用や免疫力を高めていく作用があるといわれています。また、乳酸菌はウィルスなどを撃退し抵抗力も高めていくことで風邪をひきにくい体になるともいわれています。


健康維持のために乳酸菌は嬉しい仕事をしてもらえるのですね。

乳酸菌は善玉菌を増やしたり活性化させたりするといわれますが、善玉菌によって腸内がきれいに整っていると、体に必要な栄養素が腸から吸収され、体の各組織に送られていきます。


体中に必要な栄養素が送られていくことによって、体は健やかに機能していくことができるのです。

ダイエットのためにも、体が健康維持されていることは大切ですね。


【悪玉菌という存在】

悪玉菌、これもよく聞くものですが、悪玉菌が増えてしまうと腸の中の環境が乱れてしまい、悪玉菌の影響により、良からぬものまで腸から吸収されてしまい、体中に送られてしまう困ったことになってしまいます。


何となく体調がすぐれないとか、だるいとか、肌アレなどは悪玉菌の増加で腸内の乱れによるといわれています。


ところが、悪さをする悪玉菌、実はある程度は必要であるといわれ、悪玉菌という敵としての存在があるからこそ、善玉菌の戦力が高まるというわけです。重要なのは善玉菌と悪玉菌のバランスで、悪玉菌の存在がありながら善玉菌の割合が優位にある状態が良いといわれていますよ。


【ダイエットとの関連は?】

善玉菌と悪玉菌の腸内バランスで、善玉菌が優位の状態では、腸内の環境が良く、良いものは吸収し悪いものは排出していき、老廃物を溜め込まなければ、腸が良い状態となり、腸が良い状態であると基礎代謝も向上するといわれています。


腸内をきれいにしていく、いわゆるデトックスがダイエットにも必要であり、基礎代謝が向上するということは、カロリーを消費していく資質となるわけですから、乳酸菌の働きは、健康維持のほか、ダイエットにも期待ができるということですね。