痩せるための運動とトレーニング方法

痩せる運動やトレーニングやエクササイズ、ここでお伝えしている「痩せる」は筋肉を充実させ、体脂肪を減らすことです。


筋肉を落とさず充実させていくためには、バランスの良い食事と生活習慣、適度な運動、これら3つの基本が大切ですね。


食べないダイエットや、炭水化物抜きダイエットなどは、大切な筋肉組織を損なう恐れがあるうえ、健康にも良くない影響が心配されますので素人判断で絶対に行わないでくださいね。


体型を整えるのは骨格と筋肉なのですが、骨格は先天的なものなので変えることはできませんが、体脂肪を減らしたり、トレーニングなどによって筋肉をつけたり、形を整えることは可能なのです。


バランスの良い食事や生活習慣を改善していくことは必須ですが、みなさんが望むのは、出来れば見た目を変えたいということですよね。


体脂肪を減らせば、見た目もスッキリ変わりますが、さらに体型の印象を変えていくのは筋肉です。


有酸素運動により、体脂肪が燃焼するのは身体全体に関わっていきますが、筋トレでは基本的には、トレーニングした箇所が主に結果が出ます。


細かく言えば、筋トレした箇所と関連する筋肉も鍛えられるのですが、ここで結論をお話ししますと、体脂肪も減少し、見た目も整える「痩せ方」とは、脂肪燃焼と筋肉をつけるトレーニングを組み合わせて行うことが良いのです。


有酸素運動はジョギング、ウォーキング、水泳、エアロバイク、ステップエクササイズ(踏み台昇降)などですね。


筋トレはダンベルやトレーニングマシーンなど器具を使用して筋肉を鍛える方法や、腕立て伏せ運動やスクワット、腹筋運動など自重を利用してのトレーニングなどです。


自重を利用してのトレーニングは、ジムに行かなくても自宅でも出来ます腹筋運動とスクワットは是非行っていただきたいトレーニングですよ。


ここで筋肉をつける、筋肉を鍛える、ということは筋肉質になってしまうのでは?とくに女性は「ムキムキになりそうで嫌!」「女性らしさが失われそう・・・」と心配される人が多いのですが大丈夫です!


筋トレといっても、ダイエットとしての筋トレは代謝向上と、体型をひきしめて見た目の印象を良くしていくための筋トレです。


アスリートの筋トレではないので、女性はムキムキになるほうが難しいくらいですね。


フィットネスクラブは、トレーニング環境が充実していますから、スタジオエクササイズやエアロバイクやランニングマシーンで有酸素運動と筋トレマシーンでトレーニング、インストラクターに指導してもらえるので安心して運動できますね。


ジムへ通うことが難しい場合は、週3回30分以上のウォーキングと自宅での自重トレーニング(例として腹筋10回3セットスクワット10回3セットなど)こうした組み合わせは一例ですが、週3ペースで継続していくと、体脂肪率も見た目の体型の印象も変化を期待できますよ。


現在はネットの動画配信にもフィットネスやエクササイズ系の動画が多数配信されていて、腹筋やスクワットの正しいやり方や、自宅でできるトレーニングものも配信されていますので、こうした動画配信を見ながら運動するのもオススメですよ。


ハードなトレーニングは必要ありません。アスリートやスポーツ選手を目指しているのではありませんので、体に無理のない運動で、体脂肪を燃焼させ、筋肉を充実させ、代謝を高めていくための、トレーニングといってもシェイプアップが目的ですので、とても健康的ですね。


バランス良い三度の食事と、生活習慣を考慮しながら、運動を取り入れての3つの基本を継続していくと、体の内側からも外側からも嬉しい変化を実感していくことが期待できます。


個人差はありますが、努力と継続は、必ず体に反映されていきますよ。

 

『美意識ダイエット』は痩せてきれいになる!を常に気持ちにおいてくださいね。