毎日のストレッチから始めてみましょう

食べることが大好き!でも運動は嫌い!でも痩せたい!


・・・困りましたねぇ。


健康的に痩せるには、健康的な方法で痩せましょう。


私がオススメしている健康的な方法というのが、「食事」「運動」「習慣」ですね。


この中の、どれかが不充分だったり欠けていると、望むダイエット効果も期待出来ないと考えています。


健康的なダイエットの基本というのは、体脂肪を減らして、適度な筋肉を付けていくことですから、バランスの良い食事や、生活習慣も大切ですが、やはり運動は必要になるのですね。


それでも、「わかっているけど、運動は続かない」
「忙しくて運動する時間がとれない」
「運動そのものが好きではない」

いろいろな理由で、運動から遠ざかっている人もいらっしゃいますよね。


いきなり運動というのも難しい状況にある場合、まずは、ストレッチを習慣にしていくことを提案いたします。


ストレッチは筋肉を伸ばして緊張を弛めたり、筋肉の疲れや凝りを緩和させたり、また、運動前後の体の準備やクーリングダウンとして行われています。


ストレッチは脂肪を燃やすとか、筋肉を付けるなどの運動効果を実感するものではありませんが、筋肉のリフレッシュ効果が期待できます。


運動の機会のない人にとっては、ストレッチによって筋肉をゆっくり伸ばしてあげることで、普段の日常動作より、大きく筋肉を動かすことになりますよ。


筋トレは筋肉を意識的に動かしますし、ウォーキングや水泳やダンスなどは日常動作より筋肉を大きく動かしますが、ストレッチも同様なのです。


ストレッチは伸ばしているところの筋肉を意識しますし、日常動作より大きく筋肉が伸びますから、運動と共通点を見出だせます。


ストレッチは筋肉を活性化しますし、血行促進も期待出来ますので、体も気持ち良く倦怠感を和らげてもらえますよ。


運動を習慣化していく準備期間として、ストレッチによる筋肉の意識付けから始めてみるのが無理のない方法ですね。


ストレッチは難しく考えることはありません。学生時代に体育の授業で習ったストレッチでよいのです。


体が気持ちよいと感じるストレッチでよいのです。


朝起きたときに、布団の中で伸びをしたり、オフィスで座ったまま伸びをしたりすると、気持ちいいですよね。そのような感覚でよいのです。


学校の体育の授業で習ったストレッチや、運動部の部活でやっていたストレッチや、今ではストレッチをネットで検索すると、いろいろなストレッチ関連の動画などがヒットしますから、動画を見ながらストレッチするのも良いですね。


運動が苦手な人や、体力に自信のない人も、ストレッチであれば無理なく日常にとりいれることができますし、朝に晩にストレッチを継続していると、肩こりや腰痛などの予防にもなります。


そして、ストレッチを行うときの注意点があります。

伸ばしている筋肉を意識しながらストレッチすること。

筋肉をストレッチ(伸ばす)するときは息をはきながら、ゆっくり伸ばすこと。

ストレッチするときには反動をつけないこと。

座位での開脚ストレッチで誰かにグイグイ押してもらうなども無理が生じることになりかねませんので控えましょう。


伸ばすときは、ゆっくりと。無理に伸ばさず7~8分目ほどで。


ストレッチは毎日欠かさず続けていきましょう。


ストレッチは運動前後はもちろん、日常生活でのストレッチの場合に、実行するタイミングはストレッチしたいと感じたときで良いですよ。


朝起きたとき、就寝前、音楽を聴きながら、家事や仕事の合間など、お好きなタイミングで実行していきましょう。


運動を習慣化していく体の準備期間として、まずはストレッチから習慣化していくことで、筋肉が日常生活の使われ方より、意識され、伸び伸びと動かされることに慣れていくことから始めてみましょう。


ストレッチの時も「気持ちがいいなぁ」「体が癒されてるなぁ」と意識を持ちながら行いましょう。