『GI値』とは何でしょう?

よく食品に表示されているGI値とは、グリセミック・インデックスの略です。


食品が体内で糖に分解されたあと、血液中の糖が多くなるわけですが、急激に血液中の糖が増えてしまうと、「この糖を抑えなければ!」と、インスリンが分泌されて、血液中の糖を適正に戻すよう働きだします。いわゆる血糖値を下げる働きですね。


ところが、急な血糖値の上昇では、インスリンもたくさん分泌されなければなりません。


エネルギーとして糖が消費されればよいのですが、問題点は、エネルギーとして消費しきれなかった過剰な糖は、インスリンが、それでは、とりあえず体内に貯めておきましょう、ということになり、体の各組織に貯蔵しようと働きかけます。


糖はグリコーゲンとして肝臓に貯蔵されますが、肝臓も貯蔵できる量にリミットがありまして、糖を余裕で貯蔵できる行き先は、なんと、脂肪組織なのです。


肝臓など体の各組織に貯蔵しきれなかった糖は、困ったことに体脂肪と化して貯蔵されてしまうのですね。この仕事をこなしているのもインスリンなのです。


血糖値の急な上昇に伴い、余剰な糖を、体脂肪として貯蔵していく仕事人も急増してしまうのです。


このように、血糖値が急に上昇してしまうことによって、インスリンの分泌量が増えて、結果、体脂肪の蓄積につながってしまうのですね。


ということは、血糖値の上昇を緩やかにしていくことが、体脂肪蓄積を回避できることに焦点を向けたのが「低インスリンダイエット(低インシュリンダイエット)」。


血糖値の上昇がゆっくりであれば、インスリンもゆっくりペースになりますから、血糖値上昇がスローな食品をいただくようにすればよいのです。


GI値とは、血糖値上昇の速さを表したもので、食品により速さが異なり、GI値の高い食品は血糖値の上昇も速く、GI値の低い食品は血糖値の上昇が緩やかになるのです。


食事内容を、GI値の低い食品でとるようにしていくだけでも、ダイエットの成果を期待できるのです。


運動が苦手という人や、なかなか運動する機会も時間も難しいという人は、こうした食事法を実行していくことをおすすめいたします。


【GI値の高い食品、低い食品】

では、食品によるGI値についてお話ししましょう。

はじめに、GI値の高い食品ですが、いらいろな資料を見てみますと、砂糖類は当然ですがGI値の王様で、次はパンや和菓子(あんこもの)、洋菓子など。


ところが白米やうどん、パンなどの主食は高いのです。意外なのですが、人参はGI値がとても高く洋菓子や白米と、ほぼ同レベルでしたので、当初は私自身も驚きました。


かぼちゃ、いも類もGI値は高めですね。炭水化物がダイエットによくないといわれるのも、こうした理由があるからですね。


炭水化物のとりすぎが、体脂肪増加につながるというのは、余剰な糖を体脂肪として蓄えさせるインスリンの多量分泌によるものです。


インスリンを多量に分泌させないためにも、血糖値の上昇がゆっくりになる食事方法が必要になるのですね。


炭水化物を控えたり(炭水化物抜きはいけません)、食べ方などを工夫したりして、体脂肪を増やさないようにするのが望ましいですね。


では、GI値の低い食品はどれでしょう。

野菜類(いも類を除く)、豆類、魚類、肉類、ナッツ類、果物類はパイナップルなど高いものもあれば、レモンなど低めのものもあったり様々なのです。


最も低いのは海藻類です。
海藻類は繊維質があり、ミネラルも豊富なので、ダイエットの食事には嬉しい食材ですね。


普段の食生活では、ご飯やパンやうどんは控えめに、繊維質の多い野菜類や海藻類などを十分に、魚、肉類などのたんぱく質もバランス良い三度の食事を心がけながら、野菜や海藻類からいただいたり、GI値の高い食品には、GI値の低い食品を多目に組み合わせるなど、少しの工夫を心がけていきましょう。