1ヶ月に何kg減量が良いのでしょうか

ダイエットにも目標設定をしていきましょう。


いつまでに体重を〇Kg減量する。いつまでに体脂肪率〇%にする。


何事も具体的に数値を設定することによって、結果を出すための気持ちも行動も変わりますから、必ず具体的な目標設定をしましょう。


ここで具体的な目標設定の数値ですが、ダイエットを目指すみなさんは、できるだけ短期間で、できるだけ痩せたい!そうした希望がありますよね。


でも、短期間で痩せたら、短期間でリバウンドしやすいのです。


あとは激ヤセ。

よく聞くワードですが、体のことを考えるならもってのほかです。


素人判断の激ヤセは、大切な筋肉組織をゲッソリ落としてしまううえに、体脂肪というのは、ある程度体に必要なものでもあるので、急激な変化が体にもたらす影響は、体調にも良くない影響が心配されます。


いくらスレンダーな体型になったとしても、筋肉組織の減少により、見た目がやつれた印象に。


よく激ヤセした人が、頬がこけた顔になり、何となく老けた感じになってしまうことがありますよね。


本人は、顔も細く小さくなったし、体も細くなったと喜んでいても、周りからすると悲壮感、健康的ではありませんよね。


第一、このような痩せ方は魅力も感じさせません。


このブログを読んでいただいてる皆さんは、無理せず健康的なダイエットを目指す方たちと思いますので、健康的なダイエットで結果を出していきましょう。


望ましいダイエットというのは、代謝がおこなわれる筋肉組織を落とすことなく、体脂肪を減らしていくことですが、食事や生活習慣、そして適度な運動、この3つを基本として実践していきましょう。


目標体重はあくまでも数値的目安ですが、体脂肪率もみていくのが望ましいですね。


しかし、体脂肪率が測定可能な体重計や、からだスキャン測定機がない場合には、体重計での数値をみていきながら実践していきましょう。


体に無理のない体重減は1ヶ月、自分の体重の5%が良いといわれています。


たとえば、体重60Kgの人は1ヶ月に3Kg減、70Kgの人は1ヶ月3.5Kg減、90Kgの人は1ヶ月4.5Kg減、これらは体脂肪率は考慮に含まず、体重における減量の数値になります。


これ以上を減量してしまうのは体に無理があり、筋肉量の減少が考えられるので、後々リバウンドを起こしやすくなってしまう可能性があるのです。


ダイエット実行中は、健康的にダイエットを継続していて、体重も落ちていくと、ある時期、まったく体重減量が止まってしまう時期が出てきます。


いわゆるスランプの時期ですね。正しくダイエットをしていても起こる減少で、だんだん体重が減少していくことに対して、体が生体的な防御反応を呈する状態ですね。


個人差がありますが、だいたい数ヶ月から半年間くらい続きます。


体重変化がなく、この状態が続くスランプ時期に、結果が出ないと判断し、ダイエットを諦めてしまう、やめてしまう人は、この時期に多いのですが、体重減少を察知した体の、守りモードの時期ですから、体重が止まってしまっても、ここで諦めたりせずに継続していただきたいのです。


ダイエットの結果を出していく秘訣は、諦めないこと、そして継続していくことにあります。


さらに、食事、生活習慣、適度な運動の基本の3本柱、これらを実行していきます。


1ヶ月の減量目安は、現在の自分の体重の5%、5%を越えてしまうほど体に無理が生じてしまう恐れがあります。


1ヶ月5%として、さらに1週間での減量目安も算出してみましょう。


体重60Kgの人は1ヶ月3Kgを目標で1週間では0.75Kg、体重70Kgの人は1ヶ月3.5Kg目標で1週間0.875Kg減量目安、体重90Kgの人は4.5Kg目標で1週間1.275Kg減量目安となります。


前述のとおり体脂肪率について考慮されてなく、体重での目標目安となりますので、体脂肪率については、別記事でお話ししていきましょう。